いつも甘えていたいのが男の本音

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うっかりさんと二日酔いと会社の資金繰り

今日も昨日の飲み会で若干二日酔いのまま出勤だ。
机の上には少しだけ遅刻してきたからか付箋が沢山貼られている。どれも別に大した用事ではないのに、細かな事まで知らせてくるのは自分のせいになりたくないからなのか、本当に伝えたいだけなのか。
とりあえず机に座って仕事をしているふりに見えるようにパソコンを開く。
パソコンをしていれば仕事しているような感じに見える・・・ような気がする。
さて、きょうも業務用メールの一覧を閲覧だ。ジャパンマネジメント ファクタリング会社の評判とか気になるものもあった。ここ半年の悩みは会社の資金繰りに悩んでいることで、特にファクタリング、なかでもジャパンマネジメントの評判は特にいいようでとても気になる。このメールは後でじっくり読んでみようとチェックを入れておいた。
しかし大半は納期とか、商工会関係の連絡、つまらないものばかりだ。そんな中に「今夜、会えるね」という怪しい件名のメールが一つあった。差出人はMaryとかいう外国人の名前だ。「会えるの楽しみ。家に直接行っていいかな。今夜の飲み物は、この間手に入れたいいワインになります」。逆ナンかよ。いたずら心に火がついた僕は光の速さで返信した。「OK、待ってるぜ。ところでワインになる前は何だったんだい?」。日本語を分かっていない外国人に鉄拳を食らわしてやるぜと意気揚々としていたら「社長・・・」と若手社員の篠田さんが涙目でやってきた。
先ほどの怪しいメールは、篠田さんが彼氏に送るつもりで間違って送ったものらしい。スマートフォンの機種変更をしたものの、LINEの引き継ぎがうまくいかず、仕方なくメールで連絡を取っていたという。最近メールなんてほとんど使わないから、間違えたと必死に言い訳していた。真偽はともかく、名前がマリコだからって登録名Maryはないだろう。
大企業だったらクビにするところだが、心の広い僕は彼女に優しく「気にするな」と伝えた。「ワインになりますではなくて、ワインです、だろう」と、日本語の誤りについて怒鳴りつけることもしなかった。「なんなら今夜俺の家に来てもいいんだぞ、マリー?」と、僕が女だったら惚れてしまうようなキメ台詞をサラリと加えて。そうしたら「ありえない、キモッ。セクハラです!」と顔真っ赤にして怒られた。ワインになる前は何だったのか、問い詰めることはできなかった。業務中に私用メールしていたことを怒ることもできなかった。日本語は本当に難しい。


by moremorekids | 2019-02-14 09:33 | Comments(0)
友人と久々に会いました >>